市販されている発毛に効果のある薬

市販されている発毛に効果のある薬には、デュタステリド、プロペシア、ロゲインリアップなどがあります。
デュタステリドは、5α還元酵素阻害薬を主成分としており、泌尿器科の薬として前立肥大症候群の治療に使われています。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、5α還元酵素の働きによって活性力の強いジヒドロテストステロンに変換されて、前立腺肥大症候群や薄毛など男性特有の症状を引き起こす事があります。5α還元酵素阻害薬は、5α還元酵素の働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を抑制する事により、皮脂腺や毛乳頭への影響を軽減して薄毛を抑制し発毛を促します。
デュタステリド以外の5α還元酵素阻害薬を主成分とする育毛剤として、プロペシアがあります。
プロペシアは、脱毛症の薬としては初めての内服薬であり、フィナステリドを主成分としています。
フィナステリドも、良性の前立腺肥大症の治療薬としてアメリカの医療機関で承認されており、副作用として男性型脱毛症症状の改善に有効とされ、頭頂部だけで無く生え際にも有効とされています。
フィナステリドは、プラセボと呼ばれる偽薬効果もあるとされています。
リアップやロゲインは、ミノキシジルを主成分としています。
ミノキシジルは、高血圧の治療内服薬として使われていた血管拡張薬であり、副作用として脱毛症症状が改善するとされています。特に頭頂部に効果があるとされています。
又、通販などで販売されている育毛剤に配合されている甘草は、含まれるグリチルリチンが脱毛症症状を緩和するとされ、肝硬変や円形脱毛症などの治療に使われています。又、センブリエキスは、皮膚温度の上昇や皮膚毛細血管拡張作用があり、皮膚細胞の代謝改善や発毛促進効果があるとされています。
他にも、FGFを安定させて発毛指令を毛乳頭に届ける特許成分である長鎖ポリリン酸や局所血管拡張作用を有する塩化カルプニウムなどもあります。